プロテインに関するよく聞かれる質問に丁寧に回答してるよ。

プロテインに関するよく聞かれる質問に丁寧に回答してるよ。

みなさん、こんにちは。

プロテインについて色々発信をしていくと、よく聞かれる質問があります。

その質問を細かくできる限り解説していきたいと思っています。

 

では、早速質問に入りたいと思います。

Q1.プロテインって何(どれ)が効果あるの?

質問としては間違っていませんが、効果がある、効果が無いというのは個人的に違和感のある質問です。

プロテインはあくまでも栄養補助食品です。効く効かないという判断ではなく、必要栄養素の一部のためのものであり、身体にとって不足しているたんぱく質を補助するためのものなのです。

日本のプロテインマーケットは非常に違和感があり、フィットネス人口の増大により、プロテイン=筋肉が付くという認識がまだ拭えていません。

これは大きな間違いで、一番の理由は現代社会における食生活の乱れがプロテインを要する主たる理由とわたしは考えています。

三大栄養素の一つであるプロテイン(たんぱく質)は、一日の必要グラム数として成人男性で60g摂取が必要(実際は体重分のグラム数)とされています。

ファーストフードに偏ったり、食生活が乱れることにより食事からたんぱく質の摂取が十分に摂取出来ていません。

平均摂取量は人によりますが、30g〜40gと言われています。その摂取量は厚生労働省が推奨しているグラム数には足りていないのです。そのため、プロテインはその不足分を補うために必要な栄養素として必要なのです。

一方、トレーニングをしている方やアスリートに関しては、一日の必要摂取量の1.5倍〜2倍必要とされています。

それは筋肉はタンパク質によって大きくなり、強固なものになるからです。食事を多く取れば他の栄養素も含まれていることから太ってしまう原因になったり、栄養過多になるのでプロテインやサプリメントを使用して調整をしているのが実際のところなのです。

 

しかし、プロテインは栄養補助の役割のため、摂取過多は気をつけましょう。タンパク質の摂取過多は肝臓を壊しやすくなります。

あくまでも目安として、必要栄養素と運動での消費カロリーや運動量によって摂取する量を決める必要があります。

スポーツや、アスリート、筋トレをしている人からすると効く効かないというのは質問としてあるかと思います。

プロテインによって効果効能は変わるのか?

これは、プロテインのメーカーによって変わる変わらないというのはほぼ無いと考えていいでしょう。

ただし、相性はあります。プロテインの原料になっているホエイ、ソイ、カゼイン、えんどう豆等、動物性プロテインや植物性プロテインなど様々です。

ホエイプロテインが一般的に出ているプロテインなのですが、その中でもメーカーは多数存在します。

大きく「メーカー毎の違い」、「ホエイプロテインの中の種類」、「他の栄養素の有無」、「味付け」に分かれるかと思います。

プロテインメーカー毎の違い

プロテインメーカーは非常に多く、ザバスさんを始めとするメーカーが多く存在します。

その大きな違いは、原材料の選定栄養素として何を添加するかが大きな違いかと思います。

 

商品を一度手にとって見てみてください。

※SAVAS公式サイト(https://www.meiji.co.jp/sports/savas/products/whey100_2.php

こちらはSAVAS(ザバス)さんのホエイプロテインのココア味の裏面。

たんぱく質の栄養補助食品としてだけでなく、他にもこんなものが入っています。

分かりやすいように、無添加無香料で有名な「EXE パーフェクトプロテイン」のナチュラル味を比較に。

※EXEパーフェクトプロテイン公式サイト(http://exepp.jp/

 

まず特記して言わないといけない部分としては、

タンパク含有量(率)

●SAVAS 1食分:21g たんぱく質:15gたんぱく含有率:71.4%

●EXEプロテイン 1食分:29g たんぱく質:22gたんぱく含有率:75.9%

たんぱく質をより多く摂取したいひとは断然、EXEのプロテインを選ぶでしょう。

一回の摂取で、7gも変わるとなれば断然EXEプロテインを摂取したほうが効率的でしょう。

他の栄養素

背面を見てわかるように、SAVASの製品は様々な身体に必要な栄養素を諸々添加しています。

  • ナトリウム
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • ビタミンB12
  • パントテン酸
  • ビタミンC

これだけの栄養素が入っていれば、SAVASのほうが絶対いいやん!って思うかもしれません。

実際、ここまで具体的に一般の方は分析をせずに購入するケースが多いのではないでしょうか?

ビタミンB群と呼ばれる栄養素は、アミノ酸の分解を助けたり、たんぱく質の代謝を促したりと非常に相性のいい成分です。しかし、日本のサプリメントやプロテインで使用されている配合量の問題と原料品質です。

配合量が厚生労働省に基づいて考えると、微量の栄養しか添加されていない。逆に添加してしまうとたんぱく含有率が下がってしまいます。

もう一つ、ビタミンは水溶性であり品質が悪いものを摂取しても体内から栄養を吸収出来ず、流れてしまいます。

ビタミンは摂取する品質によって、全く効果効能が変わってきてしまうのです。

以下の記事に非常に詳しくわかりやすくビタミンB群についてかかれていましたので参考にしてみてはいかがでしょうか?

参照:http://www.angele-jp.com/bita-b.htm

 

味付け

SAVASの画像で少し見えにくいですが、下の白枠に「名称」「原材料名」とかかれた箇所があるかと思います。

ここで注目したいのが甘味料。

味付け(飲みやすさ)に必須な項目は以下のとおりです。

  • ココアパウダー
  • デキストリン
  • 乳化剤(大豆を含む)
  • 香料
  • 増粘剤
  • 甘味料(スクラロース、アセスルファムK)

これだけの添加物が入っています。

ココアパウダーに関しては、どのメーカーも使用しますが、デキストリン(wiki:デキストリンとは?を使用し、口当たりの改善と飲みやすさを実現。乳化剤により「溶けやすさ」を実現、増粘剤によりかさ増しをしていることがわかります。

ココアパウダーだけではココア味の風味が十分に出ないため、香料を使用。

そして、甘味料です。

スクラロースはショ糖の600倍の甘さを実現できる人口甘味料です。

アセスルファムKに関しては、ショ糖の200倍の甘さを実現できる人口甘味料。

なぜこの2つを使い分けるかというと、甘さが前に感じる甘さと、あとで感じる甘さがそれぞれ特徴があり、甘さの部類が異なるからなのです。

お菓子や、コカコーラゼロ等にも使用されており、まだ開発されて間もない人口添加物のため、人体影響は未知と言われています。

ホエイの原料国や原料メーカー

もう一点、重要な要素があります。

それは原料であるホエイの原産国だったりします。

今は非常に多くの原料が出回っていますが、メーカーによって強み弱みがあります。

メーカーはエンドの製造加工メーカーに取り入れてもらうべく「安いこと」「取り扱いやすい事」この2点が大きなポイントとなります。

 

逆に、品質が良いと呼ばれるものは、判断が非常に難しく、どこも濾過技術に左右されるため、一気に品質改良をすることが難しいのです。(というよりほぼ変わらない)

乳清から粉末前までの工程の中はほぼ変わらず、液状から粉末にする過程のなかで何を添加するかによります。

一つは「溶けやすくするため」に大豆レシチンを添加したり、「風味を良くするため」になにか添加したり。

その工程は一般の方には伝わらないのです。

 

そして、その乳清の原料になっている牛から考えるとグラスフェッドを与えられた牛から出来たプロテインというメーカーも出てきています。

 

原料国は今やアメリカ産が一番日本人にはあっているような気がしています。

これはあくまでも自分の見解ですが・・。

ドイツ産は非常に飲みにくく、溶けにくい原料。

ニュージーランド産はグラスフェッドが多いが高価な印象。

ここは調べれば分かる可能性もありますが、大手のプロダクトは原料メーカーから仕入れ、日本で原料に再度造粒加工をしている可能性もあり、非常に特定することが難しくなっています。

あくまでも好みで選ぶしか方法はないのです。

 

プロテインというプロダクトと真剣に向き合いましょう

今まで、プロテインの成分の見方を述べさせていただきましたが、私も正直何がよくて何が悪いとは一概に言えません。

とはいえ、飲まないよりかは飲んだほうが身体のためには良いので、自分の身体をいたわる方にはプロテインはお勧めしています。

一番のおすすめは、プロテインは無添加無香料のもの(しっかりたんぱく質を補助してくれる製品)を摂取し、食生活に合わせ必要なたんぱく質を摂取すること。

ビタミン類は別のサプリメントで補助。ライフスタイルに合わせて、葉酸などをチョイス。

筋トレやアスリートの方は、より多くの栄養素が必要なため、鉄分やアルギニン、BCAA、EAAなどの必要栄養素を取り入れる必要があります。

ここまでするのが面倒なので、SAVASさんのプロテインが非常に売れていると思うのですが、日本人は自分の身体を知らなさすぎることが一番の課題かと思っています。

 

これから寿命が伸びてきている現代で老人になっても健康的でいられることを考えると、きちんとした食生活の上に必要栄養素を把握することから始めないと行けないと考えています。

 

もしご質問がございましたら何でもお応えいたしますので、コメントを残して頂ければ嬉しいです。

プロテインカテゴリの最新記事