みんなが知らないプロテイン製造に関するお話。

みんなが知らないプロテイン製造に関するお話。

プロテインと一概に言っても、様々なものがありますよね。

消費者の皆さんは、各社メーカーがパッケージングした製品として購入し、愛用品を見つけて飲むしかプロテインに触れる機会はほぼアリません。

 

プロテインの知識をより深く知るために、今回はどのようにしてプロテイン(日本国内品)は完成しているのか?の説明をしたいと思います。

よりプロテインを知ることで、様々な選択肢が増え、自分にあったプロテインを手に入れることができれば嬉しい限りです。

 

プロテインの原料ができる過程

プロテインは、たんぱく質として、様々な原料から生成されます。日本国内ではホエイプロテインがマーケットの約80%と言われ最も多く流通しているプロテイン。他にも様々な動物や植物から生成されているプロテインが最近注目を集めています。

動物性タンパク質

ホエイプロテイン(乳清プロテイン)

ホエイプロテインは最も一般的に流通しているプロテインです。このホエイは「乳清(にゅうせい)」から生成されるプロテインで、牛の乳からチーズを作る過程でのみ得られる原料です。すごく身近なものでいうとヨーグルトを食べる際に上澄みのような白乳色の液体が分離しているのを見たことがあると思います。そちらが乳清と呼ばれるものです。ヨーグルトの乳清はヨーグルトを作る過程での乳清のためたんぱく質は少ないとされています。

ホエイを作る際にタンパク含有率が多い、チーズ製造工程の中で出た乳清を濾過し、粉末加工したものがホエイプロテイン原料となるのです。

ホエイプロテインの中でもまたまた種類が分類されます。

WPC(ホエイプロテインコンセントレート)

WPCは、乳から乳清を取り除きろ過した最もポピュラーなプロテイン製品となります。

主な特徴は、「WPC80」とよく書かれるケースが多いのですが、たんぱく質の含有量を指しています。要するに質量にたいしてタンパク含有率が80%未満のものWPCと呼んでいます。

WPI(ホエイプロテインアイソレート)

WPCとの違いは濾過技術によって異なります。簡単にいうと濾過の後にイオン分解や膜処理を行うことによりタンパク含有率の多い製品になっているのがWPI製法です。タンパク質の含有量は質量に対して90%以上のものをWPIと呼びます。

 

よく乳製品でお腹がゆるくなったり、下したりするケースが多くあります。WPCのプロテインを飲めない方はWPIに切り替えて飲むと飲めるという利点と、たんぱくの含有率の多さからWPIを選んで購入されるケースがあります。

しかし、タンパクの含有率の点と価格のバランスを考えると、WPCのプロテインの摂取量を増やすだけでたんぱく質の推奨量は摂れるため、もしお腹を壊さない方であればWPCで問題ないと思っています。

 

それとはまた別の濾過技術が、

CFM製法

CFM製法とは牛乳に含まれているホエイたんぱく質を効率よく取り出す特殊製法です。
ホエイの精製方法はフィルターなどを用いた膜処理で精製する方法と、樹脂に電荷を帯びさせて化学的に精製するイオン交換法とに分けられます。
膜処理で行う場合、たんぱく質含有率80%程度が限界で、若干の脂肪や乳糖が残ってしまいますが、カルシウムなどの有益な成分を残すことが出来ます。
一方、イオン交換法では純度90%まで精製できますが、カルシウムなども同時に分離してしまいます。CFM製法は両者の利点を残し、必要な栄養素を残しながら高い純度で精製された理想的な製法といわれています。

このCFM製法を使用した製品の代表として、GOLDGYMが出している製品がありますね。

各社、様々なメリットを活かした商品を出し、売り文句として濾過技術や原産にこだわっているのでしょう。

ただし、プロテイン(たんぱく質)=栄養補助食品と捉えた際にオールインワンとして使用するユーザーもいると思いますが、ただのたんぱく質補給という観点であれば、そこまで濾過技術が必要じゃない気もしています。

 

ここまではあくまでも、タンパクを抽出する作業のお話をしています。

ここから製品化される過程としてなにがリスクが有り、どのような特性があるかを述べたいと思います。

 

プロテインの原産国

ホエイプロテインは、前項でも述べた通り、乳清からできています。

そのため、日本国内で取れる原料は限られており、その95%以上は海外からの輸入から成り立っています。

日本国内でチーズを製造する工場自体が少ない点と、大きな牧場等も少ないことから牛の飼育頭数が限られてくるため国内の製造は極めて少量と言われています。かつ大手の乳業メーカー(雪印や明治)などは自社製品で使用をするためほぼ他社に流れることがありません。明治のSAVAS(ザバス)はプロテインでは非常に有名ですが、明治さんですら国内産はホエイが取れにくいため高額である点と、供給量の問題から海外の原料を主軸に展開しています。

 

では海外はどの地域が大きく展開していて、どのような特徴があるのでしょうか?

 

アメリカ産

プロテイン、サプリメント大国と言われるアメリカ。スポーツニュートリションマーケットも巨大と言われ、パウダーのみで、2015年は45億ドル2020年には75億ドルに登ると言われています。(※参考:http://ppmj.hatenablog.com/

アメリカは世界最大の生乳生産国であり、米国内の需要を満たしても余りあるほど豊富な乳資源を持っています。

ホエイタンパクの輸出量は世界第1位で、日本への供給ももちろん多く取り扱い企業も多い原産国の一つです。

 

わたくし自身も、アメリカの日本法人プロテインの原料メーカーとお話する機会も多々有りましたが、他国と比べて一番の強みは圧倒的量品質バランスと考えています。

もちろんアメリカのメーカーの中でも、得手不得手はありますが、ホエイに関しては量が多いことと、ばらつきのないバランスがうけているのではないでしょうか。

 

これはあくまでも個人的な主観に過ぎません。私自身がアメリカの工場で見たわけでもないのですが、少ない情報の中で仮設を立てて伝えております。

 

ドイツ産

ドイツも世界上位クラスのホエイ生産国です。

品質が非常に高いとされているドイツですが、実際のところあまりアメリカ産と変わらないと考えてます。

医療分野の発達から、製造機械の精密さを煽っていますが、平均的にはアメリカよりすぐれないと考えてます。

その背景は、もちろん味。非常に溶けにくい性質である点と、泡立ちも非常に多い。これを使って製品化するとなると味付けでの添加物、溶けやすくするための造粒加工工程で含まれる「大豆レシチン」の混合など改良を行わないといけません。

 

ニュージランド産

ニュージランドも大きな草原のイメージがあり、よくあるのがグラスフェッド(牧草しか食べていない牛)の乳を使用したプロテインが有名です。その定義も難しくNon-GMO(遺伝子組換えをしていない)なのかどうかは曖昧な情報が多く感じ取れます。しかし、原料そのものとしては品質は非常に高いイメージ。

味的にもクセは少なく、溶けもそこまで悪くないイメージです。

 

日本におけるプロテインの製造工程

原料は海外、製造は日本というメーカーがほぼということはこれまでの記事でわかったかと思います。

その原料を使って日本の加工メーカーに原料が引き渡されどのような加工がされるのか?を今回お伝えしたいと思います。

プロテイン製造工程

  1. 処方を決める(タンパク含有率、ビタミンBやミネラル、BCAAなどプロテインと相性のいい成分の調合配合を決定)
  2. 味付けを決める(何味の製造を行うか?人工甘味料、天然甘味料など何を使用するかの決定)
  3. サンプル作成
  4. 味、溶けやすさ、泡立ちの確認を行う
  5. 再サンプルの作成
  6. パッケージの決定
  7. 充填作業
  8. 納品

ここで出てきた、1,2番が日本の工場で行われます。

日本は正直食品に対する基準が非常にゆるく、危険性のあるものを含んでも記載事項として載せないようにできる裏技があったりします。なので、一般消費者には分からない成分が入っていたり、マーケティングとプロモーションだけで売れたりします。

 

実際のSAVASの認知調査では、87%の人が知っているという結果も出ています。(決して明治さんを悪く言ってはいません。)

一般の方がプロテインを選ぶとなった際、結果選ぶ内容としては以下の項目しか無いのです。

・パッケージ

・飲みやすさ(味・泡立ち)

・たんぱく含有率

・付随する成分

 

一般的に、日本人はサプリメントを飲んだり、継続的になにかをしたりということに非常に疎い人種です。

かつ、プロテインという漠然と「筋肉がつく飲みもの」としてのみで捉えている方も多いのではないでしょうか?

前項で述べた用に、WPC製法のプロテインに関しては、一回摂取あたりメーカーによってそれぞれ摂取グラム数が異なるものの、タンパクの含有率は限られてしまいます。化粧品等の製造過程でも同じ事が言えるでしょう。

仮に30gを一回摂取の場合、原料(WPC)を使用した場合、約24gのたんぱく質を摂取できることになります。

ここに味付けをした場合、以下のような添加物が入ります。

 ・甘味料(スクラロース、アセスルファム、ステビア等)

 ・香料(原料の匂いを軽減させる、味付けの香りを再現するための要素)

 ・着色料(味付けのイメージを連想させるため)

 

また、プロテインと相性の良い成分を入れる場合もあります。

 ・ビタミン類

 ・BCAA(必須アミノ酸の一種)

 ・ミネラル

 ・カルシウム等

 

様々な成分が入っていると、オールインワン型として楽に飲めたり必要成分が摂れたり等考える方がいらっしゃると思います。しかし、プロテインは一日の必要摂取量が決まっているものであり、成分を追加することでたんぱくの含有量が減ってしまいます。そのため、結果的に多くプロテインを飲まなくてはいけません。かつ成分を補填するビタミンなどはあくまでもマーケティング要素として入れているものが多く品質はそこまで良いものを使わない傾向にあります。

 

その背景を考えると、プロテインはあまり処方されていないものが一番好ましいという結果になります。

補助サプリメントでは品質の良いとされる、ビタミンやミネラル(シリカ)などを取り入れて摂取するべきでしょう。

 

甘味料について

体のことを気にされる方が懸念されるのが、甘味料。

大きく甘味料には、人工甘味料(砂糖の何十倍もの甘さを実現)と天然甘味料があります。

よくお菓子でも使われていますが、人工甘味料であればスクラロース、アセスルファムKが代表と言われているものです。

なぜこの2つが使われているのかと考えると味の邪魔をしにくい甘味料かつ低カロリー/ゼロカロリーの表記ができるからです。コカ・コーラゼロやエナジードリンクにも使用されています。

その甘さは、

アセスルファムK:ショ糖の約200倍

スクラロース:ショ糖の約600倍

と言われています。そのうえ、少量の甘味料でも味付けの実現が可能になるのです。

 

人工と聞くと非常にネガティブに考える方もいらっしゃると思います。現にマウス実験では、過剰摂取による死亡報告がスクラロース、アセスルファムKでも報告されています。

プロテイン単体でもお医者さんの見解的に過剰摂取は肝臓負担が大きいため避けるように報告されています。

 

まだ発見されて新しい甘味料ということもあり、まだまだ世代を超えてどのような影響があるか分からない。

ここがポイントになってくるかと思います。

 

ステビアや羅漢果などの天然甘味料に関しても、実際は甘い性質をもつ植物に変わりが無いのに蟻がよってこないから危険性があるのでは?とよく言われます。

こちらも成分調査的には普通に摂取するには問題ないとされています。

しかし、海外でもまだ認可がおりていない国があったり、ステビアに含まれる成分、ステビオシドやレバウディオシドは、腸内で分解されるとステビオールを生成します。この物質には遺伝毒性があると言われています。

また、ステビアはキク科の植物のため、キク科植物にアレルギーをもっている方は摂取を控えたほうがよろしいかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだまだ書ききれない点はありますが、プロテインの製造工程を知り、どのような過程で作られどのような成分で成り立っているか少しはご理解いただけたかと思います。

本来であればプロテイン(無添加)のものを摂取するのがおすすめですが、非常に飲みにくい性質であることには変わりございません。そのため、オレンジジュース割や、スムージーと割って飲む等、飲み方の工夫でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

プロテインについてカテゴリの最新記事